クイーンズタウンの町にも気軽に町の中から歩いて登れる山があります。標高1748mのベン・ロモンド。シーズン中は多くの人が1日かけてこの山に登っています。

 この町の裏山にあたる途中にはスカイライン展望レストランがあり、この展望台までのゴンドラを利用すればかなり登り降りの距離、時間を短縮できますが,今日は麓から登ってみました。この展望台までの道のりはスタート地点がいくつかあるのですが、今日はゴンドラ乗り場の脇から入ります。標高800mぐらいまでは森の中。途中でこのトレッキング・ルートへの看板が出てきて頂上まで3時間の案内。この案内は結構当たっているのです。

 森を抜けるとタソックが広がる山肌をこの後登っていく山の稜線を前方に見ながら歩きます。今日は曇りがちの天気なのですが,日焼け止めは必需品。頂上までずっと木陰などに逃げ込むところはありません。

  馬の背に当たるところまで一時間半ほど歩くとどんどん最後の山肌が近づいてきます。そして振り返ると町並みや湖の姿が開けてとても爽快。馬の背(Saddle)までにも休憩、水分補給を十分してからいよいよ最後の山の稜線に挑みます。

 この最後の山肌は登るほどに急になっていき、最後はかなりよじ登るほどまでになります。途中で何度もイヤになりますが,山の西側の景色が見えてくれば頂上はスグそこ。サドルから頂上まで1時間はかかります。頂上にいたれば360度の展望が待っています。

 下りはさすがに膝や太ももにかなり負担がかかりますが,展望台まで降りてくればカフェ休憩も可能です。麓から往復で6-7時間の行程でしょう。なかなかお勧めのコースです。

  • ワンマイルクリーク発電所跡
  • 町からワンマイルクリーク・ウォーク経由で歩くのがお勧め

  • ワンマイルクリークウォーク
  • ワンマイルクリークウォークの道のり

  • ベンロモンドトラック入口
  • ベンロモンドトラックの入口はここ。3時間で頂上へ

  • ベンロモンドトラック
  • 昼でも薄暗い松林の中のトラックを最初に歩く。

  • ベンロモンドトラック
  • 松林が途切れて日差しのもとへと入って行きます。

  • ベンロモンドトラック
  • 緩やかな坂道左前方には目指す山頂が見れます。

  • ベンロモンドトラック
  • サドルまでは緩やかな坂道でも日影はありません。

  • ベンロモンドサドル近く
  • サドル近くになってやっとクイーンズタウンの町が見えてきます。

  • ベンロモンドサドル
  • ベンロモンドサドルここにはベンチもある

  • ベンロモンド山頂への道
  • 山頂への道のりサドルから1時間は掛かるでしょう。

  • ベンロモンドトラック
  • 急で結構細い山頂への山道

  • ベンロモンドトラック
  • サドルから北側の眺望が広がります。

  • ベンロモンドトラック
  • 山頂への途中はよじ登るような岩場も出てきます。

  • ベンロモンド山頂
  • ベンロモンド山頂

  • ベンロモンド山頂からの眺望
  • 晴れていればMtアスパイアリングやMtクックも見えるかも。

  • ベンロモンド山頂
  • ベンロモンド頂上からの360度の眺望は絶景です。

ベンロモンド山へ
スカイラインゴンドラ経由で
登ったブログと
スカイラインゴンドラ経由
ベンロモンドトラック・マップ


ベンロモンド山頂パノラマ