ケプラートラックの3日間の行程



テアナウDOCオフイス
テアナウ
DOC

平坦な道
4.6km
45分

ケプラートラック入口.コントロールゲート
ケプラー
トラック
入口,
駐車場

平坦な
森の中
5.6km
1.5時間

ブロッドベイ
ブロッドベイ

きつい登り
8.2km
3.5~
4.5時間

ラクスモアーハット
ラクスモアー
ハット



ラクスモアーハット
ラクスモアー
ハット

登り
1時間

ラクスモアー山頂
ラクスモアー
山頂

尾根の道
2
~2.5時間

ハンギングバレーシェルター
ハンギング
・バレー
シェルター

急な下り
2時間15分

アイリスバーンハット
アイリス
バーン
・ハット



アイリスバーンハット
アイリス
バーン
・ハット

緩やかな
下り
2時間半

ロッキーポイントシェルター
ロッキー・
ポイント
・シェルター

緩やかな
下り
2.5
~3時間

モトゥラウハット
モトゥラウ
・ハット

平坦な森
6.2km
1.5~2時間

レインボウリーチ
レインボウ
・リーチ

バスで
20分

テアナウ

  • 概 要

  • 全長67km、2泊及び3泊で1周する周回コース。
    通常ラクスモアーハットとアイリスバーンハットに2泊して レインボーリーチで終了する2泊3日パターンが多い

  • 特 徴

  • このコースはなんと言っても山の稜線を歩くと言う事で他の人気のコースとはまた違った感じ。
    醍醐味溢れるコースと言うことで人気の高いコースです。

  • アドバイス

  • ・山の稜線ルートと言うことで風の吹きさらしになる可能性がかなり高く、また高低差がかなりあるので天候や気温などにより天国にも地獄にもなります。
    ・毎年1月上旬ぐらいまでラクスモアー山頂は残雪が残り通行不可能な場合がある。事前にDOCに問い合わせ必要。

  • 予 約

  • DOCのサイトからケプラートラック予約が可能。
    ・このトラックはもともとミルフォードトラックが人気過剰の為作られたようなトラックなので結構直前でも予約が取りやすい。
    一般のシーズン=10月下旬~4月下旬

ケプラートラック体験レポート

ケプラートラック2日目ラクスモアーハット出発
まずハット出発後はラクスモアー山頂を目指し
緩やかに登っていく。風の吹き抜ける稜線に
達すると頂上への小道が見え、10分程
それて頂上到着。(標高1472m)...
全行程体験レポートを見る

ケプラートラック入口
ケプラートラック2日目

NZブリーズの送迎サービス

出発地送迎先所要時間料金
/1~3名
クイーンズタウンテアナウ2時間半$210
テアナウマウントクック6時間半$520
テアナウダニーデン4時間半$420

NZブリーズの送迎サービスをEメールにてお問い合わせ受付中


ケプラートラックを歩く楽しみが倍増する日本語ガイドブック

  • サポートニュージーランドショップでは
    ニュージーランドでしか入手できない日本語解説の
    ’ニュージーランドの高原植物’
    ’ニュージーランド野鳥図鑑’
    ’ミルフォードサウンド&
    ミルフォードトラック完璧ガイドブック’
    の販売を行っています。

ケプラートラックの天気予報

歩き始める前/MetServiceの天気予報
NZの気象庁に当たるMetServiceのサイトでは
4日先までのケプラートラック上での
天気予報
が分かります。

 ラクスモアーハットでの
天気、気温、体感温度、雨量予想、氷点下に
なる高度などが分かります。

 持参する服や寝袋の選択に参考になるでしょう。
山小屋での天気情報

 ケプラートラックを歩き始めたら天気予報は山小屋(Hut)でのWarden (管理人)が
毎朝無線連絡で得た天気予報
を壁に張り出してくれ、それだけが気象情報の情報源になります。

ケプラートラック上では携帯電波は届きません。GPSは大部分届きます。

 もし土砂崩れや大雨、雪崩などによりトラック閉鎖になりそうなときはWardenがその対処法(迂回路の情報、またはヘリコプターによる移動、同じハットでの連泊処置など)をアドバイスしてくれます。

ケプラートラックでの月別平均気温、雨の日数

DOCが作ったルートバーントラックのプロモーションビデオ

  • ・ビデオは2週類ありますが、映像は同じものを内容を変えて作られています。
    ・ケプラートラックといってもほとんどがラクスモアーハットのことが分かる程度です。
    ・いきなりテアナウからヘリコプターでラクスモアーハットに飛んでいます。途中のトラックの様子はほとんど分かりません。
    ・けれどラクスモアーハットに泊まるとみんな必ず訪れる(私は閉所恐怖症気味なので入っていません。)洞窟の様子が
    この画像でよく分かるでしょう。
    ・ラクスモアーハットでの様子はこれで分かるでしょう。毎晩リビングルームはこんな感じの良い雰囲気の場になります。

  • ケプラートラック個人ウォーク紹介ビデオ1
  • ・ヘリからの空撮でラクスモアーハットから続く山の稜線のトラックの様子が見れます。
    ・このビデオを撮ったのが何月のことか分かりませんがこのトラックは全部雪化粧しています。こういうことは11月,12月,そして3月,4月にはありえます。ラクスモアーハットの朝の気温は-2度ということが分かるでしょう。
    ・このビデオを見て個人歩きでケプラートラックを歩いている人たちがどのような年齢層で、どんな服装で、そしてどのようなブーツで歩いているかも参考にすれば良いでしょう。

  • ケプラートラック紹介ビデオ2

ニュージーランドトレッキング&観光の拠点となる観光地のホテル料金比較と日本語予約

  • テアナウ

  • クイーンズタウン

  • マウントクック

  • オークランド