ロブロイ氷河トラックは牧場と大氷河の景観を併せて楽しめるトレッキングコースです。ラズベリーフラット駐車場に車を停めて、歩き始めからいきなり牧場の中に入っていきます、 というより牛や羊が草を食んでいる中をお邪魔しながら進むことになります。

 20-30分ぐらい牧場の中、きれいなマトゥキトゥキ川沿いを上流に向けて歩くと釣り橋が見えてきて、この釣り橋を渡っていよいよ森の、国立公園の中に入って行くことになります。

 釣り橋を渡ってからは30分ほどきつい登りがありますが、森の木立の間から目指すロブロイ氷河の姿が正面に見られるはずです。はじめはかなり遠く感じると思うのですが、山道を歩いているとどんどん近づいていくことが分かると思います。

 1時間半ほどで休憩できるベンチが設置されていたり、この氷河から流れ来る川の河原に出て休憩を取ることができます。トラックは基本的に原生林の森の中で、よく整備はされていますが、時には細い崖っぷちや、土砂崩れの跡を歩くこともあるので注意が必要なこともあります。

 吊り橋を渡ってから1時間45分ほどで森が開けてロブロイ氷河が頭上に広がる谷に到着します。ここでのんびりと休憩、ランチも良いでしょう。氷河から吹き降ろす風は冷たいのですが、快晴の日はとても気持ちのいいものです。しかし強い日差しをさえぎることができる日陰はないので、日焼け止め、サングラス、帽子などは必需品です。

 またここまでレンタカーでやってくる時の注意ですが、ラズベリーフラット駐車場までワナカからだと54kmの道のりですが、途中から牧場の中の道のり30kmほどは未舗装の道、夏の間は乾燥した滑りやすい道になります。そして最後の10kmの道のりは9回以上小川(Ford)を車で横切る必要がある道でもあります。大雨の後などはこの小川が増水して車でも渡れない可能性も多々出てきます。

 トレッキングの経験と車の運転に常識のある人は是非このロブロイ氷河トラックに挑んでみてください。

ロブロイ氷河トラックへの牧場の中の未舗装道路

ラズベリークリーク駐車場まで30kmほど続く牧場の中の未舗装道路。最後の方は小川も車で渡って行きます。

ラズベリークリーク駐車場

ラズベリークリーク駐車場。水洗トイレ有.ここから往復10Kmほど,約4時間のトレッキングコース

ロブロイ氷河トラック牧場の中の歩き始め

歩きはじめから30分ほどは牧場の中。草を食む羊や牛などの家畜の中をお邪魔しながら歩きます。

マトゥキトゥキ川に架かる吊り橋

30分ほど牧場の中を歩いていくとマトゥキトゥキ川に架かる吊り橋を渡り、国立公園、原生林の森へと入って行きます。

マトゥキトゥキ川の見晴らし

吊り橋を渡って10分ほどでマトゥキトゥキ川の展望が広がる。ここから本格的に登りになって行きます。

ロブロイ氷河へのきつい登り

30分ほどはきつい登りのトラックになるけど前方にはロブロイ氷河が森の合間から見えてきます。

原生林の森の中のロブロイ氷河トラック

原生林の森の中のトラックは整備されているけど時折危険地帯もあります。

ロブロイ氷河トラックUnderLookout

吊り橋を渡ってから3km、1時間半ほどで森の中にあるルックアウトが出てきます。ここで小休止。

ロブロイ氷河トラックUpperLookout

森の中のルックアウトから15分ほどで森を抜け、10分ほど登れば上のルックアウトに到着。頭上&眼前には大氷河の姿が広がる

ロブロイ氷河下の河原

ロブロイ氷河の麓の河原にも降りていけます。時折雪崩の爆音も聞こえてくるでしょう。

ロブロイ氷河トレッキングのブログと
Rob Roy Valley Track・パンフレット
ブログは17'9月30日の様子。ビデオでの映像もあります。

ロブロイ氷河への
道のりと高低差マップ
ラズベリークリーク駐車場からロブロイ氷河ルックアウトまで
(GPSデータダウンロード可能)

Powered by Wikiloc

ワナカ個人自由旅行

ニュージーランドをレンタカーを利用して
トレッキング周遊旅行してみませんか?