概 要
全長53km。NZで一番新しいトレッキングコース。
2泊3日で一周する周回コース。
特 徴
山、森はもちろんのこと昔の線路跡や海岸線を歩ける
と言う毎日がバラエティーに富むコースでもある。
ご 注 意
この辺りの川の水はそのままでは飲めません。
もちろん雨の大変多い所。整備途中の所は
ぬかるみが非常に多い。
3日目に海岸線を歩きたいなら、潮表の確認必要。
満潮の時間が約AM7:00-PM13:00の
間にあればほぼ歩けない。
PortCraigのTide表はこちらで分かります。

予 約
独自のHPが有り、オンラインにて予約可能。アドレスはここ
Guideつき(英語)のガイドウォーク3泊4日、出発日限定
個人歩き(FreedomWalk)、出発日限定

送迎サービス
NZブリーズではクイーンズタウンから
ハンプリッジトラック入り口、トゥアタペレまでの送迎サーブス
を行っています。お問い合わせなどはメールにて。


ハンプリッジトラック1日目
トゥアタペレからブルークリフ駐車場 : 車で20分
ブルークリフ駐車場からトラック・バーン : 2時間
トラック・バーンからフラット・クリーク分岐点 : 45分
フラット・クリークからシャグ・ポイント : 4-5時間
シャグ・ポイントからオカカ・ハット : 1時間
ハンプリッジトラック入口 ブルークリフ・ビーチにある
牧場の中よりこのトラックは
始まる。最初はマオリの
土地の中を歩く。30分ほどで
海岸線に出て、その後砂浜か
海岸線沿いの農道を1時間半
ほど歩くことになる。
ブルークリフ海岸線と虹 今日はこの辺りから雨!
海は荒れ模様。
森の中の農道に入って30分
ほどでトラック・バーン到着。
ここは個人のHUTだが休憩
可能。雨が激しくなったので
雨具を着て、いよいよ
フィヨルドランド国立公園の
中に入って行く。
この辺りからこのトラックの
最終日を歩く人達とすれ違う。
個人HUTから45分ほど
森の中を歩くと山の中に
向かう分岐点に到着。
トラックバーンハット/ハンプリッジトラック 山の中に向かっていくと
鬱蒼とした森が始まり、
シダや原生林の中を
1時間ぐらいは緩やかな
登りとなるが、次第に
足下はぬかるみが多くなる。
ハンプリッジトラックから海だ!
森の中のボードウォーク・ハンプリッジトラック 途中の小川にかかる
2番目の木の橋では
飲み水の補給が可能。
しかしここからの登りはきつい。
2時間ぐらいは登れば
登る程傾斜がきつくなる。
今日はまして雨、強風の中!
森の中の小さな吊り橋/ハンプリッジトラック 何度もここが頂上か!?と
思うところに出るがまだまだ
登りは続き、SHAG POINTで
視界は広がるがここよりまだ
HUTまで1時間は緩やかな
登りとなり、泣きが入る。
今日は登りばかりの一日です。

ハンプリッジトラック2日目
オカカ・ハットからランチェン・ロック : 2時間
ランチェン・ロックからエドウィン・バーン : 2時間半
エドウィン・バーンからパーシー・バーン : 20分
パーシー・バーンからポートクレイグ : 2時間
HUTは標高1000mに有り、
森林限界線に丁度達していて
HUT周辺には高原植物が
咲く。今日はここから一気に
海岸線まで下る。
ここからの朝焼けは絶景!
ハンプリッジ頂上からオカカハット 頂上からは360度の景観が
楽しめ、このトラックの名前
の由来が分かる巨岩が
見られる。30分ほどで一周
出来、これからの道のりも
遠くまで確認出来る。
ハンプリッジ-1
ハンプリッジ-2 頂上からの下り道は所々
ボードウォークがあるが、
ほぼぬかるみの下り坂!
これがほぼ4時間半続く。
これもなかなか辛いもの。
最初の内は山の稜線を歩く。
稜線から太平洋が 山の稜線では3度ほど
上り下りがあって、それから
森の中に入っていく。この
下りはまだ整備中とのこと
でひどいぬかるみの道。
下るにつれ森はジャングル
の様相になっていく。
いきなり下りは終わりを告げ、
EDWIN BURNと言う川が
見えてきたらここからは平坦な
道になる。2つ目の高架橋が
今日のハイライト。ここには
個人のハットが有り、ここで
十分休憩をとることお勧め。
パーシーバーン高架橋 平坦な道になってもここは
線路跡で枕木や、ここまた
ぬかるみや水たまりが続き
大変歩きづらい。だらだらと
2時間ほど歩くとやっと
今日のハットに到着。
ポートクレイグ ハット/ハンプリッジトラック

ハンプリッジトラック3日目
ポートクレイグ・ハットから海岸線の入り口 : 35分
海岸線の入り口からブレイクネック・クリーク : 2時間半
ブレイクネック・クリークからフラット・クリーク分岐点 : 40分
フラット・クリーク分岐点からトラック・バーン : 45分
トラック・バーンからブルークリフ駐車場 : 2時間
海岸線への入り口 ポートクレイグは昔製材所の
あった街跡で、海岸に近く、
史跡が残る。今日の帰路は
潮が引いていれば海岸線を
歩くことが出来る。
満潮の海岸線 ハットから30分ほどでその
海岸線への分岐点に着く。
今日は残念ながら満潮に
向かっている時間帯なので
この海岸線は歩けず、森の
中のほぼ平坦な道を行く。
これもなかなか気持ちがいい。
2時間半ほど森の中を歩くと、
再び海岸線に出て、この後は
森に入ったり出たりしながら
この海岸線を少し歩く。
この部分は満潮時でも歩ける。
森の中の迂回路/ハンプリッジトラック 45分ほど海岸線を歩くと
FLAT CREEKの分岐点。
ここからは初日に歩いた
トラックを戻るようになる。
海岸線のハンプリッジトラック
森の中のハンプリッジトラック 分岐点から45分ほど
国立公園の中を歩くとマオリの
土地に入り、TRACK BURN
のハットが見えてきて、ここで
また初日と同じく休憩。
ブルークリフ ビーチ ブルークリフの海岸線に
沿って歩いている時
振り返るとハンプリッジや
ポートクレイグの場所が
遠くに分かるはずです。